東京で埋没法を受けたから成功したんだと私は思う

二重まぶたになりたくて

東京に住んでいた20代の頃に大好きな彼がいました。
彼の好きな芸能人はパッチリした二重まぶたで、私は一重まぶた。
いつもコンプレックスを感じていて辛かったです。
自分でアイプチを使って二重にしてみたりもしたのですが、上手にできず、下を見たときにまぶたが接着剤でくっついている感じが何とも不快でなりませんでした。
でも彼好みの顔になりたい、これが整形のきっかけでした。
美容外科を選ぶに当たり、私はいろいろな情報を得る努力をしました。
東京には本当にたくさんの美容外科があり、どこを選べばいいのか皆目見当もつきません。
インターネットも使いましたが、周囲に密かに整形している子が何人かいたので、その子たちに話を聞く方が参考になりました。
話を聞いた中で、やはりCMなどでも有名なクリニックがいいかなと思い、紹介してもらうことにしました。
クリニックを決めたところで、親に打ち明けるかどうか、どう言えば理解してもらえるかと悩みました。
もう未成年ではないため保護者の同意書はいりませんが、親にとっては顔を変えられるなんて気分のいいものではありません。
しかし、思い切ってコンプレックスを抱えていることを話してみると、大反対というわけでもなく、思った通りにすればいいよと言ってもらえました。

湘南美容外科、あきこクリニック、品川美容外科、高須クリニック、東京美容外科のカウンセリングを受けた感想です?https://t.co/7KlAoIaMlI

— 埋没法と二重切開経過ブログ (@yunasekei) 2019年7月28日

二重まぶたになりたくて二重まぶた術には2通りある糸を使ってまぶたを縫い合わせる方法